《美肌成分》ビタミンC誘導体とピュアビタミンCの違いは?

美白成分といえば?と聞かれて思い浮かぶ成分ってなんですか?
ハトムギやアルブチンなどなど…いっぱいありますが、わたしが真っ先に思い浮かんだのはビタミンCでした!

いまSNSで流行っている美白サプリのリプライセルなんかもビタミンCのサプリですし、人気の無印良品の美白美容液もビタミンC。
知らないうちに美白アイテムとしてビタミンCを使っている、なんてこともありそうなくらいに、ビタミンC配合の美白アイテムはたくさんあります。

でもそんなコスメのなかには《 ビタミンC誘導体配合 》って書いてあるものが多いことに気が付きました。
ビタミンC誘導体っていったいなに?ビタミンCとは違うもの?何が違うの?なんていろいろ気になり始めました。

ということで、今回はビタミンC誘導体ってなんなのか?しらべてみました。

▽ ビタミンC誘導体ってなに?

さっそく本題!ビタミンC誘導体とはなにか?
簡単に言うとビタミンC誘導体は、皮フなどに取り込まれるとビタミンCに作り変えられる成分のこと。だそう。

 

つまり、ビタミンCになる一歩手前の成分といえばわかりやすいかもしれません。

ビタミンCの美容効果などを壊さないように、人工的に手を加えた成分がビタミンC誘導体で、お肌に浸透しやすいようになっていたり、化粧水やクリームなどに混ぜても成分が変化しないようになっています。

 

わざわざ手を加えなくても、そのままビタミンCを入れたら良くない…?って思いますよね。わたしもそう思いました。
ところが、そのままのビタミンCはとっても弱い成分で、熱や光の刺激によってすぐに壊れてしまうんだそうです。
しかも肌に浸透もしにくく、そのまま塗ったとしても美肌に効果が出るまでにはならないとのこと…。

 

そこで、光や熱にも強く肌にも浸透しやすいように改良されたのが《 ビタミンC誘導体 》。

壊れやすいビタミンCの構造に違うものをくっつけて変化させることで、安定しやすい成分に改良されています。
肌にビタミンC誘導体がはいると、そのくっつけた物質がはがれて、本来のビタミンCになり作用することで美容効果が得られます。

 

人工的な成分ってなんだかあんまりいいものじゃなさそうって思いがちですが、ビタミンC誘導体は普通のビタミンCのデメリットを無くした成分なので、むしろビタミンCの効果をアップさせてくれていると思ってOK(^^)/

 

▽ ピュアビタミンCってなに?

ピュアビタミンC
ビタミンCと聞いて思い浮かぶのは、レモンやフルーツ・野菜などに入っているビタミンCではないでしょうか。

この食物に含まれているビタミンCは、ビタミンC誘導体と区別するために、《 ピュアビタミンC 》と呼ばれています。
ちょっと難しく言うと、水溶性ビタミンで還元性を持つ「L-アスコルビン酸」という名前。

ビタミンC誘導体と違って人の手が加えられていない自然界にそのまま存在している成分になります。

 

ビタミンCは骨や筋肉・血管などの結合組織に含まれるコラーゲンを作るのに必要不可欠な成分ですが、人体では合成できない成分でもあります。
なのでビタミンCを取り入れるには、食べ物からでしか摂取できないんです。
ビタミンCが足りなくなるとコラーゲンが作られなくなり、骨や血管・筋肉などがもろくなってしまい、壊血病などのビタミンCの不足による病気に発展してしまいます。

 

ピュアビタミンCのメリットは、ビタミンC誘導体と違って体内に入るとすぐにビタミンCとしての効果が発揮されること。
ビタミンC誘導体は、一度ビタミンCに変化するというステップを踏まないとビタミンCになれないので、作用するまでに少しのタイムラグが出てしまいます。

安定しない・壊れやすいというデメリットはありますが、すぐに作用してくれるというメリットがあるのがピュアビタミンCです。

 

▽ ピュアビタミンCとビタミンC誘導体の違い

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体はどう違うの?
ピュアビタミンCのほうが自然な成分だから肌にいいんじゃないの?と思いがちですよね。

 

ピュアビタミンCは上のほうでも説明しているように、とってももろくて壊れやすい成分。
空気に触れるとすぐに酸化してしまうし、熱や光の刺激によって壊れてしまいやすいので、肌に浸透させようと思ってもその前にどんどん効果がなくなってしまいます。

 

またもともとの分子のサイズが大きいので、皮膚にのせても肌に浸透しにくいというのもデメリット。

そのためスキンケアのコスメなどにピュアビタミンCが配合されている場合は、配合されている量が濃いことが多いです。
しかしビタミンCの配合量が濃い分、酸性が強くなっているので肌への刺激が強くなりがちなので、敏感肌だとビタミンCのコスメは痛くて使えない!なんてことにもなります。

また、ビタミンC自体が酸化しやすいのでコスメの保存や使用期限にも気を使わないといけません。

 

一方、ビタミンC誘導体はピュアビタミンCのデメリットをサポートするように改良されているので、ピュアビタミンCに比べて酸化しにくく安定している成分です。分子も小さいので、肌に浸透しやすくなっています。

肌へ浸透しやすくなっているので、濃度が高くなくても美容効果が期待できます。そのため、肌への刺激も少なく敏感肌でも安定して使えるのがうれしいところ。
ビタミンC誘導体は壊れやすくないので、保存方法などもピュアビタミンCに比べて気を使わなくて大丈夫です。

 

▽ それぞれのビタミンCの特徴を理解して使い分け!

特徴の違いまとめ
  • ピュアビタミンC:自然界に存在する成分。壊れやすくて肌に浸透しにくい。
  • ビタミンC誘導体:人工的に改良された成分。壊れにくくて肌に浸透しやすい。

 

なんだかビタミンC誘導体はすごい!ピュアビタミンCはダメ!という印象を持ってしまった方もいるかもしれません。
たしかに今までの説明だとそう思ってしまいますよね。

 

でもピュアビタミンCにデメリットがあるように、ビタミンC誘導体にも作用するまでにタイムラグができてしまうというデメリットがあります。
なので、それぞれのメリットを活かした取り入れ方をしていくのがベスト!

 

ピュアビタミンCは壊れたりしてしまう前にそのまま摂取したらいいので、フルーツなどを食べて体内から摂取!
ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすいので、スキンケアなどの肌から摂取!がそれぞれおすすめの取り入れかたになります。

 

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体それぞれの特徴を知って、より効果が出やすい方法で摂っていきましょう(^^)/