しつこい大人ニキビの対策は?原因を知ればニキビ予防になる♥

肌荒れで一番困るのって急にできるニキビじゃありませんか?

ぷっくり腫れるニキビはメイクでも隠しにくいし、大切な予定の直前になってニキビがひょっこり!なんてなったらもう最悪です。
一つのニキビが消えたと思ったらまた新しいニキビができてた…なんて悲しいサイクルを繰り返している人もいるのではないでしょうか。

しかも思春期のニキビと違って、大人になってできたニキビってなかなか治りずらくなった気がしませんか?

大人ニキビって何が原因でできるの?対策はどうしたらいいの?気になったことをまとめてみました。(^^)/

▽ 女性の敵?大人ニキビの特徴は?


肌荒れといえばニキビ。
思春期からニキビ対策が永遠のスキンケアの悩みですなんて人や、普段はニキビが気にならないのに生理前になると急にニキビができやすくなるなんて人もいるのではないでしょうか。

「20才を超えたらニキビじゃなくて吹き出物」

そんな大人になってからできる吹き出物・いわゆる大人ニキビですが、
・生理前になるとできやすい。
・口や顎、Uゾーン周りにできやすい。
・ぽつぽつ繰り返しできる。
・一度できると治りにくい。
  という特徴があります。

その他にもストレスがかかったり睡眠不足が続いた・食生活が乱れが続いた、そんなタイミングでできやすくなるのも大人ニキビの特徴ですね!

▽ しつこい大人ニキビの原因は?


大人ニキビができやすい場所は口や顎などUゾーン周り。上の大人ニキビの特徴にも上げています。

ニキビといえば皮脂が多いところにできるというイメージですよね。
でもUゾーン周りって乾燥しやすい部分じゃありませんか?

乾燥しやすいUゾーンになんでニキビができてしまうのか?大人ニキビの原因っていったい何なのでしょうか?

 

実は大人ニキビができてしまうのは《 乾燥 》と《 古い角質がたまっていること 》が原因

皮脂が多すぎることでできるニキビではないので、テカりやすいTゾーンよりも乾燥しやすいUゾーン周りにできやすいんです。

ではなんで乾燥でニキビができちゃうのか?ここ気になりますよね!

まず、肌は乾燥することでとごわごわ硬くなってしまいます。(加齢で肌がシワになりやすいのも、この乾燥で肌が固くなるのが原因のひとつ…!)

肌が乾燥して硬くなっている状態で、そこに加齢やストレスによるターンオーバーの乱れが加わります。
すると、皮膚表面の硬くなった角質が排出されにくくなり毛穴をふさいでしまうことに…。
古い角質がたまって毛穴が塞がれてしまうことで、皮脂が毛穴に閉じ込められアクネ菌が増殖。大人ニキビが完成します。

 

大人ニキビの一因を担うターンオーバーの乱れは、生理周期などの女性ホルモンの乱れやダイエットや偏食による栄養バランスの乱れ、冷え性やたばこによる血行不良などにも左右されています。

大人ニキビが治りにくいのも年を取ったからというよりも、ターンオーバーが乱れていてきれいな皮膚に戻るまでに時間がかかってしまうのが原因です。

▼ 思春期ニキビとどう違う?

そんな大人ニキビですが思春期ニキビとの違いは、ニキビができる原因(要因)にあります。

大人ニキビの主な原因が乾燥であるのに対して、思春期ニキビの原因は過剰に分泌された皮脂にあります。

思春期には成長ホルモンの影響で、皮脂腺(皮脂を出す器官)が刺激されることで多くの皮脂が分泌。
正常範囲の皮脂量であれば、ハイライトを使わなくても自然な肌ツヤ♥ですが、必要以上の皮脂が分泌されると毛穴に皮脂が詰まってしまいます。
毛穴が詰まるとそこでアクネ菌が繁殖((+_+))思春期ニキビが出来上がりです。

 

乾燥が原因で毛穴が詰まる大人ニキビと違って、皮脂の過剰が原因で毛穴が詰まってしまうのが思春期ニキビ。

同じニキビでも原因は乾燥と油で全く逆。なので、ニキビ対策のスキンケアも全く違ったものになります。

▽ スキンケアでできる!大人ニキビの対策は?


大人ニキビの原因が分かったところで、今度は対策です。
思春期ニキビと同じように大人ニキビの対策をするのは絶対にNG!

思春期ニキビの対策は皮脂を減らしたり、皮脂量が多くなったことで繁殖したアクネ菌を減らすのが目的のものが多いですが、その対策を大人ニキビの対策にしてしまうと治るどころかひどくなってしまうことも(´・ω・`)

アクネ菌は皮膚に常在する菌で多すぎるとニキビを作るなどの悪さをしてしまいますが、少なすぎると肌の保湿力が下がってしまったり肌のバリア機能が弱ってしまいます。

なのでアクネ菌が多すぎる状態ではない大人の肌に、思春期ニキビの対策をしてしまうのはダメ。
大人ニキビが治るどころか、乾燥がひどくなって大人ニキビができやすい肌環境をつくってしまうことにつながります。

じゃあどうしたらいいの?って思いますよね。
大人ニキビ対策のポイントは、《 乾燥対策 》と《 ターンオーバーを整える 》この二つの対策をすることです!
どちらかだけではなく、この2つの対策をすることがベスト!

* 乾燥対策

乾燥肌の対策では、皮脂を落としすぎない優しい洗顔としっかりとした保湿が大切
大人ニキビができやすい部分はごしごしこすりすぎないように注意しながら、もこもこの泡で優しく洗うようにしましょう。

化粧水や乳液でケアをするときは低刺激でお肌に合ったものを使うと◎

皮膚のセラミドが不足していると乾燥肌になりやすいので、スキンケアアイテムにはセラミドが配合されているものなどを選ぶのもアリですね(^^)/

* ターンオーバーを整える

食生活などの環境を整えて体の中からターオーバーを整えることが最重要。ですが、適度なピーリングをして古い角質をとるのも◎です。

酵素洗顔や炭酸パックなど肌への刺激が少ないものを、使用頻度を守って使いましょう。
ただし、擦るタイプのピーリング剤は肌への負担が大きいのでNG。

また、ターンオーバーを整えたいからといってピーリング剤の使いすぎは角質をとりすぎてしまいます。
角質のとりすぎもターンオーバーの乱れにつながるし、ビニール肌など違う肌トラブルの原因にもなるので過剰使用はしないようにしてください。

▽ 大人ニキビの原因と対策まとめ♥

大人ニキビ対策まとめ
  • 肌の保湿をしっかりする
  • 肌のターンオーバーを整える
 
一度できちゃうとなかなか治らない大人ニキビは、できれば作りたくないですよね!

できる前にしっかり大人ニキビを対策していくには、大人ニキビの原因が乾燥とターンオーバーの乱れということをしっかり知っておくことが大切。
大人ニキビの原因を知っておけば思春期ニキビとの違いが判って、思春期ニキビ向けのニキビ対策アイテムを無駄に買ってしまうこともなくなるんじゃないかなと思います(^^)/

また、原因を知っておくと対策もとりやすいですよね!
ニキビがあるからといって保湿ケアを控えめにしないで、しっかり保湿が◎
ストレスなどでターンオーバーが乱れがちな人は、食事の栄養バランスを見直すことがいちばんおすすめですが、定期的なピーリングもしていくといいと思います。

年を重ねると何をしていても肌は乾燥しやすくなったり、ターンオーバーが乱れがちになってしまうので、普段から気を付けてスキンケアをすると大人ニキビができにくい肌環境になりますよね(^^)/